×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

講座と言うわけではないのですが
スナップショットを撮っていたので、ちょっと公開です。


最初はキャラサイズを合わせる為、前に描いたドットの横に描いて行きます。
モードはインデックスカラー(RGBなどで描いて行くと線がぼやけ、全てやり直しになりますので注意)
ペンは鉛筆ツール にて。




大体の形を描いたら選択ツールにてキャラの外部分を選択→選択範囲を反転(理由/キャラのシルエットを一度に選択する為)
選択された範囲内を、太めの鉛筆ツールにて塗りこみ、塗りこむ色は線と同色(図 真ん中)

選択範囲を解除し、背景色(ここでは緑)を使い、シルエットを整えます。(図 右側)




大まかな色分け、頭に描いたイメージを元に、ざくざくと色を振り分け(図 左側)
その後 各色の影部分をざくざくと描いて行きます。




色を置くにつれ、余分な部分や、デッサンのおかしな部分が見えてきますので
塗りながら修正します。



トータル25分で完成
より凝りたい場合はもっと色を増やすと良いと思いますが
今後沢山描くことを考えると膨大な作業時間が予測出来ます
1つ描いてみて自分の製作平均時間を出し、1キャラ完成までにどれ位時間が掛かるか
前もって調べておく事をお勧めします。

【1枚のグラフィックに掛かる時間×1キャラのグラフィック総数×ゲーム登場キャラ総数】



ある程度絵が溜まると、各パーツが色々なポーズで再利用が出来ます
上の図の真ん中で銃部分を再利用、結構重要です。







おまけ

1つ前のページに戻る
ISAmu.のお部屋に戻る